トップ

ケアマネージャーになろう

ケアマネージャーとは

ケアマネージャーの基礎知識

ケアマネージャーとは、介護に関する公的資格および職種の名称です。これからケアマネージャーを目指す人は、まずこの職種に関する基礎知識をしっかり身につけましょう。

要介護者の支援を行うことが、ケアマネージャーの主な職務です。支援といっても、ケアマネージャーは直接的な介護を行うわけではありません。ケアプラン作成などのマネジメント的な業務で要介護者を支援することが、ケアマネージャーの果たす役割です。

ケアプランの作成には、利用者やその家族との面談が必要になります。面談時に要求されるのが、介護サービスに関する専門知識と要介護者に対する理解力です。どちらが欠けても、ケアマネージャーの仕事は務まりません。

このほか要介護認定の申請書類を作成したり、実施される介護サービスの調整をおこなったりと、ケアマネージャーの仕事は多岐にわたります。

多数あるケアマネージャーの仕事の中でも、特に重要なものとして覚えておきたいのが給付管理業務です。給付管理とは、介護報酬と利用者負担額の算出に関連する業務の総称です。

作成したケアプランの実施に必要な費用の算出や、実際のケアサービスにかかった費用の算定も給付管理業務に含まれます。この業務にミスが生じると、介護施設および利用者に多大な迷惑がかかりかねません。

特に介護施設にとって、介護報酬請求のミスは施設の存続を左右する一大事です。介護報酬請求にミスが出ると、介護施設は受け取った報酬額を国に返戻しなければなりません。その結果、施設が従業員に給与を支払うことすらできなくなる場合があります。


この仕事に就くために必要となるのが、介護職の実務経験です。

ヘルパーなどの経験を積むことが、ケアマネージャーになるための第一歩となります。
介護職に就いてケアマネージャーを目指しましょう。

介護業界の求人ならこちら。

Copyright © ケアマネージャーとは. All rights reserved.